パフェを食べられない人のブログ

そんなことしてる場合か?

きっとナウシカもブラつけてなかったはず

4年前にTBSで放映されていたドラマ「おやじの背中」第2話の満島ひかりの台詞のことをずっと考えています。満島ひかり大好き。

満島ひかり演じる誠は、元ボクサーの父親役所広司をコーチに、幼い頃から父娘二人三脚で女子ボクシングでのオリンピック出場を目指す女性......だったと思います。家庭としてはもはや成り立っておらず、母は既に家を出ていて、古ぼけたボクシングジムで彼女は日夜血の滲むような努力をしていて、父親は割にクソ野郎で娘より年下の彼女?愛人?的ないかにもなかわいい女の子と付き合って?セックスをして?いる。その女の子が、誠ちゃんにって、満島ひかりにかわいいブラジャーをくれる......という状況だったのではないかと思う。ジムで、女遊び?デート?から帰ってきた父親に彼女がブチ切れるシーンのことが、私はどうしても忘れられません。

 

 「今立ち止まったら、悲しみに溺れてしまう。進まなきゃ」。風の谷のナウシカがそう言ってたんです。私、つらい時はいつもナウシカのこと考えてました。合コンの時とか。合コン誘われて、そんなの初めてだったから、将棋クラブのじいさん達んとこ行って予行演習しました。よし、絶対いける!と思って挑みました。男の人たち、私の顔見て、「何か怒ってる?」って何べんも聞きました。目つき悪いんですよ。ノーマルモードで相手のことにらんじゃうんですよ。
  それでもお酒飲んだら仲よくなれたし。わ~結構楽しいかもって思い始めた頃、あなた、部屋に入ってきました。あなた、一人一人つかまえてお説教始めました。大切な青春のこの時期に、何をへらへらしているのか、って。ボクシングなんかしなきゃよかったと思いました。
 でも、次の日、朝5時に起きて、河原の道を走ってました。生まれて初めて買ったブラジャーをあなたに捨てられた川です。つけたい…。凄くつけたい。でもこんなのつけたら、私、もう二度とリングに立てなくなる。ブラつけたらボクサー人生終わる。きっとナウシカもブラつけてなかったはず。ナウシカも合コン行けてなかったはず。
  「今立ち止まったら、悲しみに溺れてしまう。進まなきゃ」。そう思って…今日までやってきたんです!女子ボクシングなんて誰も見てないのに! 大会あっても余興扱いなのに! 前座扱いなのに!こっちは27年間、捧げてきたんだ!

 

 

4年前ドラマを観た時も、私は、ああ、私も、私もブラつけたらもうきっとリングに立てなくなる。ブラつけたら私のボクサー人生は終わると、心底そう思って、その時の私にとっての「かわいいブラジャー」は恋人ができることだったりセックスをすることだったりしたのですが、けれども私が私にとっての「かわいいブラジャー」を着けて後も、私のボクサー人生はとりあえずは終わらなかったわけです。

だけど私はやっぱり今でもブラつけたら二度とリングに立てなくなる気がしていて、そもそも私は私の立ってるリングの上で三流四流の、いやそれよりもっともっと悪いアマチュアのヘボボクサーで、こんなリングに立っててなんか意味あるのかな?さっさと降りた方が楽なんじゃないのかな?とかずっとずっとほんと最近そればかり考えますけど、でも、リングの外は真っ暗でぶっちゃけ怖くて、誰もタオル投げてくんねえし、それに、勝てなくてもボロボロでもいいからここにまだしがみついていたい気持ちも同じくらい多分あって、多分、きっと、あるんで......。

でも、とにかく、私は今でもブラつけたら私のボクサー人生終わるって思っていて、私の「かわいいブラジャー」は今はもしかしたら結婚や出産のことかもしれないし、やっぱり今でも恋人やセックスのことなのかもしれないけど、(ほんとうは、ほんとうはブラつけたってリングに立っていいはずで、かわいいブラつけてガンガン戦っていい、と思う。ブラつけたらもう戦えないというのは世の中が与えてくる強迫観念で、そんな強迫観念を与えてくる世の中はきっと良くない。けど私は今は、自分がヘボすぎることをよくよく知っているので、世の中ふざけんなとはなかなか言えず、ブラつけないことでなんとかリングに立つ資格を得たような気持ちになっているのだなきっと。だから世のみんなはブラつけてガンガン戦ってほしいよ、ブラつけて大丈夫だよ。つけたくなきゃつけなくっても別にいいよ。)とにかくとにかく私はそうやって、誰も見てねえリングにへろへろでしがみついてぴーぴー言ってる自分が、めちゃめちゃしんどそうで可哀想で、でもなんとかかんとか今日も生きててほんとうに偉いと、そう思います。

がんばろーね。ほんとうにほんとうに無理になったらその時は、ネパールへチョモランマを見に行こうな。

エロが原動力のバカな男子高校生の物語、がそろそろ辛くなってきたという話

三年くらい前までだったら楽しく読めたと思うんだけどな。こういった物語をもはや楽しめなくなってきた自分が悲しく、秋風の冷たさが切ない今日この頃です。がんがん歩くのには丁度いいので実際のところめちゃめちゃ過ごし良い季節ですね。お天気キャスターは気温が下がることを悲しそうに告げるのをやめてほしいです。

 

村上龍の『69』を読んだところ作品のテイストに反して私は大変物悲しい気持ちになりました、という話です。

 

1969年という年に、佐世保という場所で、17歳の童貞男子高校生が、バリケード封鎖やらフェスティバルやらの「若者の祭り」をブチあげる。政治的なことや思想的なこともごちゃごちゃ考えるんだけれども、その原動力は結局のところ「かわいい女の子」にモテたいということだったのだ。あの頃僕らは若くてバカだった。だけどめちゃめちゃ楽しかったよね。というのが『69』のおおよそのあらすじと言っていいのではないかと思う。

amazonレビューなんか見ると割に高評価で、まあ読みやすいし、多分作品としては面白いといっていいタイプの小説なんだと思う。思います。

 

何が悲しいのかというと、なんだろう。なんていうか、結局のところ、そうやってバカやって、あのころ俺たちは輝いていた。「モテたい」「セックスしたい」みたいな欲望に突き動かされて、でもそれこそが17歳のピュアさでもあって、キラキラした青春の一ページだった、みたいな、そういうパターンの物語って割とたくさんあると思うんですけど、でもそこに、私はいないじゃないですか。私はいません。私だけじゃなくって、生きた人間としての「女」がそこにはいないんじゃないですか?

 

『69』の中に出てくる女の子はみんなはちゃめちゃな美少女なんですね。主人公のケンが想いを寄せるのは、「「レディ・ジェーン」というニックネームを持つ、他校にも名のとどろく美少女」で、その友達の佐藤由美は、終始「妖婦アン・マーグレット」と呼ばれ、「アン・マーグレットのおっぱいは、本物のアン・マーグレットにも負けない。とても立派だ。たぶん嘘だと思うが、実家が牧畜業のイシヤマという生徒が身体検査で覗き見に成功して、佐藤のおっぱいはうちの牛より大きかった、と言ったこともある。神様、おっぱいが大きくなりますように、と幼児の頃から毎日曜日祈りを捧げたのかも知れない。」とかなりしつこめに乳房のことばかり描写される。フェスティバルのオープニングセレモニーに出演してもらうことになる長山ミエは、「クラウディア・カルディナーレ」にそっくりで、彼女は「こんな唇を自分のものとして自由にいろいろ使えるのなら」「男はみんな石炭だって食うだろう」と思わせるような魅惑的な唇をしている、らしい。

それ以外の女の子に関してはほとんど描写されない。(マスダチヨ子という中学の同級生の話が実は本当はもっと重要だったのではないか?とは思う。彼女は「パンパンの娘」で、中学時代書道部で、よく賞状をもらったりなどしていて、ヘッセが好きで、主人公にラブレターを送るんだけれども無視されてしまう。高校一年になったある日久しぶりに主人公が見かけた彼女は、髪を染めて厚化粧をして黒人兵と腕をくんで歩いていて、主人公はマスダチヨ子も黒人のちんちんをしゃぶるんだろうかなどと考え、このことが彼の政治的思想的な部分の一つの根っこにもなっているんだと思う)

結局、17歳の主人公には「かわいい女の子」しか見えていないし、それも好きな女の子以外はおっぱいか唇かしか見えていなくって、彼女たちの頭の中には微塵も興味がないんですね。「かわいくない」方の女の扱いなんて当然のごとくもっとひどい。

 

  一人が笑いを止めて、教室の入口を指差した。全員が笑うのを止めた。静まり返ってしまった。そこに、天使が立っていたからである。松井和子が、こちらを見ていたのだ。美少女は、男達の爆笑を止める力を持つ。ブスはその逆だ。爆笑の源である。

 

『69』の中には、「爆笑の源」たる「ブス」(そもそもほとんど描写もなされない)と、おっぱいちゃんと唇ちゃんと、「天使」しか女が出てこない。

あー、女って人間じゃねえのかな。え、ほんとに?

女は、男たちの青春のキラキラのエフェクトでしかなくて、しかもかわいい女の子のかわいい容姿やおっぱいやなんかだけがエフェクトたりうるみたいな……そんな……え、ほんとに?

私は、私は女だって人間だとか、ちゃんと人間扱いしろとか、どうせ男はそういう風にしか見ていないんだろとか、そういうことが言いたいわけじゃないんです。(もちろん女は人間なので、人間として接するべきです。)

こういう、エロバカ青春物語に対して、「そうそう、男って結局こうなんだよ」みたいな「だって男子高校生ってそういう生き物でしょ?」みたいな、安易な「わかる」ボタンを押す前に、ちゃんと己を振り返ってくれ。ほんとうに、ほんとうにブスは爆笑の源で、かわいい女の子は青春のキラキラエフェクトでしかなかったか?お前たちの世界には生きた人間は男しかいなかったのか?ほんとうに?今現在はどうですか?あなたの世界には男も女も生きた人間として存在していますか?

もし、万が一、そうじゃなかったとしたらそれは、私や私たち、あなたやあなた達にとって、とても、とても悲しいことではないでしょうか。違いますか?

 

それは私のお祭りではないという話

最近は、電車に乗るのが嫌になってしまったので、徒歩一時間圏内であれば歩いて移動することにしています。

この前歩いて帰っていたら、ふいに祭囃子の音が聞こえて、覗いてみたら神社でかなりしっかりしたお祭りが開催されていました。

お祭りはいいものですね。真っ暗なのに明るくて、人がたくさんいて、声が聞こえて、いろんな食べ物の匂いがして、お祭りはいいものです。

なんとはなしに焼き小籠包を買って、適当に座り込んで食べました。美味しかった。知らない人たちがたくさんたくさん楽しそうにしている。焼き小籠包を食べ終わって、帰ろうと大通りに出たら、手に手に小太鼓を持った人たちが行列を成していて、なんて呼ぶのか分からないけどふさふさした大きい何かを揺さぶっている人や、笛を吹く人らがいて、動画を撮って、また少し楽しくなって、そしてめちゃめちゃ寂しかった。それは彼らのお祭りであって私のお祭りではないからです。私には地元と呼べる地域がないので、私のお祭りはありません。そんなことは本当に別に大したことではないのですが、私にも、私のお祭りと呼べるものがあれば、そうすれば私は東京から出てそこに帰ることができるのに、それは本当に大したことではないんですけど。

渋谷のハロウィンに集まる彼らは、彼らにもお祭りが無いんじゃないですか?違うかな。

彼らにも彼らのお祭りがないので、彼らのお祭りがほしくてああして一年に一度、何もない渋谷の街へ集まるのではないかと思うととてつもなく寂しい。渋谷のハロウィンがもっともっとめちゃめちゃで楽しくて過激で陽気なものになって、お祭りを持たない人たちの立派なお祭りになればいい。そうなったら、それでもやっぱり、それは私のお祭りではないですね。

セクハラする奴全員○すウーマン

死にてえ。嘘です。

飲み会で抱きつかれたり、下着の色聞かれたり、好きな体位聞かれたりするの、めちゃめちゃめちゃめちゃ嫌でした。一方で当たり前のようにブス、ババア呼ばわりされて、笑って答えないとノリ悪いお高くとまってる扱いされ、○○大生は怖い怖いと言われて。○○女史とか呼ばれるのもお前お前絶対私私私のことを馬鹿にしているだろ?でも一番腹立ったのは、そういうのめっちゃ腹立ちますねって言ったら職場の女性に○○さんはまだ若いわねー、社会に出たらそんなのばっかりよって言われたことです。

あああああ。くそ腹立つ。腹立つ腹立つ。そんなのばかりな社会なら私はもう社会に出られないか、包丁持って社会に出た後に社会を出て刑務所に入るしかない。セクハラするやつ全員○すウーマン。

世界よ良くあれ。良くあれかし。さもなくば死を。しかしこの地獄のようなところで私は生きていかねばならない。アーメン。

パフェを食べました

パフェを食べた。パフェを食べました。

タカノフルーツパーラーの桃のパフェ。

たくさん乗った桃のインパクトや、桃そのものの女性的なイメージに屈さず、ちゃんと一番食べたいと思ったパフェを注文できたので、私は少し成長したなと、自分を誇らしく思いました。

ピンクのTシャツも買った。私は元気です。

私にはまだパフェを食べる資格がないのか

あれから一年以上経ったが私はまだパフェを食べていない。

ブログを作ったことなどほとんど忘れて過ごしていて、ほんの五分ほど前にふとパフェを食べたくなり、去年書いたもののことを思い出して読んでみた。

パフェを本当は食べてみたいと思っているのに、ごちゃごちゃと御託を並べて自分にはパフェを食べる資格は無いなどと宣う私は哀れだし、サンマルクでパフェを注文しただけの女の子を無意味に見下して馬鹿にしている(のに馬鹿にしていないフリをしている)ところなど本当に愚かだと思う。

パフェはかわいい女の子しか食べてはいけない食べ物ではない。パフェを食べるのに資格はいらない。パフェが似合うかわいい女の子じゃなくても、胸を張ってパフェを食べていい。私はパフェを食べてもいい。と、思う。

それなのに私はまだパフェを食べていない。

パフェは。

パフェはとても魅力的な食べ物だ、と思う。冷たいし、甘いし、見た目も綺麗。あの独特な形をしたグラスもかわいい。透けて見えるフルーツと生クリームの重なりがいい。タカノフルーツパーラーの桃のパフェは美しかった。何度もメニュー写真を見た。絶対に、絶対に美味しい。美味しくないわけがない。パフェ、パフェ食べたい。食べてみたい。あぁ。

いつか堂々と胸を張って、もしくは当たり前に、パフェを食べられる人間になろうと思う

 

 

夜寝られない

よる。窓の外が明るいのはマンションの内廊下に明かりがついているから。私が夜眠れないのは窓があかるいからかもしれない。

いまこのままパジャマで外に出ることができたら、裸足で廊下を歩いて、裸足で冷たいエントランスに出て、そのまま裸足でアスファルトの坂を下りていければ。

裸足で夜歩く坂は下り坂がいい。暗い。街灯がへんに明るいオレンジで、きっと外に出たことを後悔する。遠くで車の走る音。

このまま下まで降りていこうか、大通りはきっとトラックだけが走っている。でもわたしは途中の道を右に入っていきたい。いつだったかホームレスのおじさんが捨てられた布団を引きずってこの道を入っていくのを見た。あれは夢だったかもしれない。

道の先は暗くて怖い。変質者が20人も潜んでいそうな道だ。森に入る前のあのプレハブの建物が、猟奇殺人事件を起こすための建物のように見えたこともあった。そんな建物はそもそもなかったのかもしれない。あの暗いところにはきっと虫もいるし、じめじめしている。いきたくない場所だからこそ今はそこに歩いていきたい。あちらへ歩いていけば、永遠に夜のまま歩き続けていられるような気がする。

本当はわたしは布団の中にいてあたたかい。ずっと夜のまま、あたたかいところで丸くなっていたい。冷たいところを歩きたい。足があたたかくなってきたのでそろそろ寝られるのかもしれない。